• 2017.12.29

マウスピースを使ったクリアアライナーという歯列矯正

歯列矯正には色々な治療法がありますが、その中でも特に目立たない歯列矯正と言われているのが「クリアアライナー」です。
この治療はマウスピースを装着し、少しずつ歯を正しい位置へと戻していくのが特徴です。
歯列矯正といえば歯の表面に金属製のワイヤーなど矯正器具を装着する方法が有名です。
クリアアライナーであれば透明なマウスピースを装着するだけなので、周囲に歯の矯正をしている事がばれにくいと言われています。

クリアアライナーは歯医者さんに通い、定期的にマウスピースを製作する歯列矯正です。
この歯列矯正を受けたいという場合、どのような製作方法を行うのか事前にチェックしておくと言いでしょう。
制作方法は歯型を取り、それからマウスピースを製作するのが基本です。
約2週間ごとに歯型を取り、新しいマウスピースを作っていきます。
1回の交換につき、0.4mmから1mm程度、歯を動かす事が可能です。

クリアアライナーによる治療期間は、約1年から2年程度と言われています。
歯列矯正の場合、治療期間だけでなく保定期間も経て、治療は完成となります。
マウスピースで歯列矯正を行った場合の保定期間は、約1年から2年です。
クリアアライナーの場合、毎日17時間以上マウスピースを装着する必要があります。

クリアアライナーの場合、透明なマウスピースで歯列矯正を行うので、見た目の良さだけが注目されがちです。
金属製の矯正器具を一切使用しないので、口元は目立ちません。
ただ、見た目の良さ以外にもメリットはあります。
マウスピースは1日17時間以上、装着する必要はありますが食事中ははずしてしまっても構いません。
金属製の矯正器具による歯列矯正の場合、食事がしにくいと感じるケースが多いようです。
また、食べかすが矯正器具に挟まるなどして、清潔感に欠けてしまいます。

取り外しを自分で行えるクリアアライナーであれば、金属製の矯正器具で感じる不便さやストレスはありません。
食事も矯正している事を気にせず行う事が可能です。
取り外しが出来るので、もし虫歯になってしまったとしても問題なく治療を受けられます。
矯正器具を自由に取り外しできるという点は、クリアアライナーの大きなメリットです。

定期的に歯医者さんに通い新しいマウスピースを作成する手間はかかるものの、歯列矯正をしている事がばれにくい、そして自由に取り外しができるというメリットから、クリアアライナーは多くの患者さんに選ばれています。

関連記事
ページ上部へ戻る