• 2018.2.22

歯医者で手術が必要な親知らずの状態とは?

親知らずとは、奥歯の中でももっとも後ろの位置に生えている歯のことです。
親知らずはほとんどの人に生えていますが、抜かずに放っておいている人も多いでしょう。
親知らずは将来有効活用できるという考えもあるため、抜かずに温存することを勧める専門家もいます。
ただそれは親知らずをそのままにしておいても何も問題ない場合に限り、もし親知らずによって痛みや腫れなどの症状がでるようであれば、早めに抜歯しておいたほうがいいでしょう。

親知らずの生え方には個人差はありますが、歯が埋もれたままだったり、斜めや横向きに生えていたり歯に歯茎が乗っている状態ですと、食べもののカスが隙間に挟まりやすくなります。
そうすると食べ物のカスの汚れによって細菌が繁殖し、「智歯周囲炎」という親知らずが腫れて痛む歯肉炎のような症状を引き起こしてしまうのです。
親知らずは奥歯のさらに奥の方に生えているので、ブラッシングがしにくいというのも食べカスが残りやすい原因です。

智歯周囲炎は症状がひどくなると激しく痛み、口も思うように開けられなくなります。
さらに痛みがのどにまで及ぶと、ものも飲み込みづらくなります。
ですので症状が軽いうちに、歯医者さんに診てもらうようにします。
そのとき、歯医者さんから抜歯を勧められることが多いでしょう。
智歯周囲炎はいったん治っても再発することが多いからです。
親知らずを抜いてしまえば、智歯周囲炎になることは二度とありません。

真っ直ぐに生えている親知らずであれば、短時間で簡単に抜けることが多いようです。
最初に麻酔をうち、歯茎を切開して抜歯します。
横向きに生えているものは、いったん割ってから取りのぞきます。
手術後は出血するので、しばらくガーゼを噛んで安静にします。
注意しなければならないのは、うがいなどをして血をすべて洗い流さないことです。
これは血餅といって、血が固まることで傷口をふさいでくれかさぶたのような役割をします。
この血餅がないと患部の骨がむき出しになってしまい、ドライソケットという激しい痛みをともなう症状を引き起こすことがあります。

抜歯後、人によっては何日か疼くことがあるかもしれませんが、歯医者から処方される痛みどめで対処します。
患部がどうしても気になるかもしれませんが、指や舌でつついたりするのはやめましょう。
抜歯のケースにもよりますが、だいたい3週間~1ヵ月ほどで傷口が上皮組織で覆われてきます。

関連記事
ページ上部へ戻る