• 2018.2.2

空いた歯は見た目が悪い!インプラントで埋めよう!

永久歯が歯周病の悪化やケガなどによって抜けてしまうと、その後に歯が抜けたスペースが出来てしまいます。
1本だけ歯が抜けているような状態になると口元の見た目が悪くなるので、歯を失った時にはインプラント治療を利用して失った部分を埋めるのがおすすめです。

永久歯が抜けたり何らかの事情によって抜かなくてはならなくなった場合、人によっては1本から数本なら歯が無い状態のままで放っておいても他の歯で噛めるから良いと考えてしまうことがあります。
しかし、歯が無くなった後のスペースをそのままにしていると、隣の歯がその空いたスペースに向かって傾斜してきます。
無くした歯と噛み合っていた歯が、挺出という本来の位置よりも飛び出した状態になってしまうこともあるためおすすめ出来ません。
インプラント手術を受けて失った歯の代わりを作ればそういったトラブルも防げますし、咀嚼機能も元通りに出来るので良いでしょう。

もし失ってしまった歯の代わりにインプラントにしたいという方がいればおすすめの歯科医院があります。
おすすめの歯科医院は埼玉県さいたま市にあります。
歯をインプラントに埼玉県さいたま市ですると良いでしょう。
理由は、確かな技術で安心のインプラント治療を行ってくれるからです。
ぜひ、手術を受けるなら足を運んでみましょう。

ところで、インプラント手術は永久歯を失った大人には便利な治療法ですが、子供の乳歯が抜けてしまった時には適用できません。
それは、子供はまだ成長期にあるので顎が発達し続けており、インプラントを埋め込んでしまうと顎の成長によって後で他の歯に悪影響を及ぼす危険性があるからです。

それでも、ケガをしたことなどの影響で子供が乳歯を無くしてしまった時には、歯科医院を受診すると保隙装置を使うことなどで歯が無くなってしまったスペースを守り、周りの歯が倒れてきたりしないようにすることが出来ます。
その他に乳歯用の義歯を使って子供の歯が無くなったスペースを確保する方法もあるため、受診してみましょう。

最後に、乳歯が抜けた後に何本か永久歯が生えてこないという歯の形成異常が起こる人がいますが、そのような症例は先天性欠損と呼ばれています。
先天性欠損の人は普通の人に比べて歯の数が少なくなってしまうので、見た目が悪いという問題の他に食事がしづらいといったデメリットもあります。
更には歯が足りないスペースで他の歯が傾斜するといった問題も起こってくることが考えられます。

先天性欠損の人はインプラント治療を受けると口の中の違和感が最小限に抑えられ、天然の歯と同じように噛めるというメリットがあるため、インプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。
インプラント治療は自費診療になるので費用がかかるというデメリットがありますが、ブリッジなどと比べると他の歯を削らなくて良い点や見た目が良いといった利点が多いため最適な治療法だと考えられるでしょう。

関連記事
ページ上部へ戻る