日本人は顎と歯のバランスがとれていない人が多く、ガタガタの歯並びになる傾向があります。
歯並びが悪いと言うのは見た目の問題だけでなく、発音消化機能にも影響を与えてしまいます。
けれども、歯並びをきれいにしたくても、長期間ワイヤー装置を付けることに抵抗を感じる人が多いです。
矯正歯科に行きたくても、治療期間を考えると踏み出すことができないという人も多いでしょう。

そこで、治療期間が短い歯列矯正が登場しています。
従来の歯列矯正は3年という長期間の時間をかけて、ワイヤーの引っ張る力を利用して少しずつ歯を動かしていきました。
短期間で行う歯列矯正の場合、この期間を半分ほどにすることも可能です。
もちろん、歯並びの状態によって治療期間は異なります
部分矯正であればより短期間で治すことができます。

マウスピースで歯列矯正

矯正歯科で最近人気の治療が、マウスピースを使った治療法です。
透明なマウスピースなので装着していても目立つことがありません。
さらに、ワイヤー装置とマウスピースを組み合わせたハイブリット矯正と呼ばれる方法が矯正歯科で注目を集めています。

ハイブリット矯正は複数の治療法を同時に行うことで、より短期間で歯並びを改善するという治療法です。
ワイヤー装置が目立ってしまう場合は、ブラケットというワイヤーを固定する装置を歯の裏側に付ける方法もあります。
舌側矯正と呼ばれる方法で、ブラケットが舌側にあるので表側にあるよりも目立ちにくいです。
ハイブリット矯正は短期間で終わるのでメリットばかりを感じてしまいますが、ふたつの方法を行うので治療費は高額になってしまいます。

セラミック矯正は最短歯列矯正!?

また、矯正歯科だけでなく、一般歯科でも患者さんから短期間で歯並びをきれいにしたいという声は上がります。
そこで、歯を移動するのではなく、歯を削りセラミックでできた人工歯をかぶせることで歯並びをきれいにする、セラミック矯正という方法もあります。
最短2回で治療を終わらせることが可能ですが、健康な歯も削らなければいけないというデメリットを知った上で治療に入りましょう。
セラミック矯正も保険外治療なので、治療費は高くなる傾向になります。

このように、矯正歯科では患者さんの要望に応えるために様々な工夫をして治療を行っています。
歯並びを全体的に動かす全部矯正と比較すると、前歯だけきれいにする部分矯正の方が費用も安く、短期間で治療を終わらせることができます。
治療をする際には、どこまで治すかという点も考えましょう。

短期間での歯の矯正は歯列の乱れに注意

短期間で歯列矯正を行うということは、装置からもすぐに解放されていいことだらけだと思っている患者さんが多いです。
けれども、本来なら時間をかけて行う矯正という治療を短期間で行うことで、デメリットも生じるということを覚えておきましょう。

まず、通常の方法で行った矯正でも、治療後に後戻りと言われる症状が起こります。
後戻りとは、せっかくきれいに治した歯並びが元の状態に戻ろうとすることです。
後戻りを防ぐために、リテーナーと呼ばれるものをお口の中に入れて、歯が移動しないようにします。
リテーナーを付ける期間は矯正装置を付けていた期間と同程度と言われていますが、個人差があり、1~3年装着することもあります。

歯並びがきれいになったからと、リテーナーを使わないでいると、歯は少しずつ元の位置に戻ってしまいます。
気が付いたらガタガタの歯並びに戻ってしまうというケースもあるほどです。
リテーナーは、自分で取り外しができる装置なので、食事の際は外すことができます。
治療後にリテーナーの使用を勧められたら、歯並びが元に戻らないようにするためにも指示通りに使いましょう。

歯の後戻りにも注意

短期間で歯を動かした場合、その反動でより強く歯が戻ろうとしてしまいます
歯の移動というのは、ワイヤーの力で引っ張ることで、移動する側の骨を吸収し、歯があった部分に新しい骨ができることで位置が安定していきます。
短期間で歯が動いたということは、骨の状態がそれほど安定していないということです。
そのため、治療後に歯列の乱れや後戻りが起きやすい状態になっています。
中には、歯と歯の間に隙間があいてしまうというケースもあります。
短期間で歯の矯正をした場合は、このようなリスクもあるということを知っておきましょう。

矯正歯科の選び方

矯正歯科でも、短期間での治療のことを前面に押し出してメリットしか伝えない所は避けるようにしましょう。
治療期間というのは、歯が移動してきれいな歯並びになっただけではなく、歯が安定している状態になるまでの期間のことを言います。
治療を受ける際には、メリットだけでなく、デメリットも説明してくれる歯科医院を選ぶのがポイントです。

また、患者さんも歯並びがきれいになればそれでいいという考えは禁物です。
リテーナーを装着しなかったり、指示されたことをしないでいると、歯並びというのはすぐに元の状態に戻ってしまうからです。
分からないことは相談して安心して通える歯科医院を見つけましょう。

ちなみに上記全てのポイントを押さえた矯正歯科があります。
その矯正歯科は埼玉県にあります。
東京首都圏に近い方には是非選んでいただきたいところです。
特に、八潮市の矯正歯科で歯並びを整えると良いでしょう。
八潮市は首都高速やつくばエクスプレスなどの交通網が発達しており、往来がしやすいのが利点です。
安心安全の歯科医院が多いので歯列矯正の失敗に怯えることもないでしょう。

ページ上部へ戻る